日本再生を願うブログ(仮)

日本の再生を願い、日本に生息する可哀相なサヨクちゃん・困ったちゃん達を嘲笑するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のサヨクちゃん(3)

今日、偶然見つけたサヨクちゃんがこんなことを言っていました。

-------------------------------------------------------------------------------------
憲法第9条は、米国の草案によって作られたもの、というふうに考えるのが一般的であるが、
この番組では、ある大学教授の説明のもとに、次のような経緯があると主張している。
第一次世界大戦後のパリ不戦条約、第二次世界大戦終了間際に作られた国連憲章の第7章、
という系譜を脈々と引き継ぐ中での憲法第9条の条文の成立。
つまり、世界的な平和への活動の結実として必然的に生まれたものが、憲法第9条なのである。

世界の平和を願う人々の思いが憲法第9条に集約されているわけで、この憲法第9条という
考え方というものは、決して卑下するものではなく、もしろ誇ってもいいくらいの条文なのだ。
--------------------------------------------------------------------------------------

お花畑なサヨクちゃんたちの大好きな「憲法9条」についての意見のようですね。
まるで日教組の見本のような見事なご意見、拍手喝采ものです。
サヨクちゃんたちの思考レベルというか傾向が如実に表れているのが、この憲法9条に対する
考え方ではないかと思います。

戦争は悪である、という絶対的真理を前提に、
1.戦争=悪である
2.戦争は軍隊がする。ということは軍隊を持つのは悪だ
3.ゆえに平和のためには軍隊は放棄するのが「善」である
4.軍隊を放棄するということを謳った9条は素晴らしい

頭の悪いサヨクちゃんたちは、とにかく何でもかんでも善悪で考え、二極化した思想でしか
物事を判断できない
特徴があります。最近でいうと、自民党=悪という図式しか頭には無い
ので、政権交代=善(正義)としか考えられないのです。民主党の持つ危険性には一切目を
向けません。

まともな思考能力のある人は、軍隊=悪という単純な図式のものではないことはすぐに分かり
ますし、もう少し考えれば戦争=悪とも言い切れないのではないか、ということにまで考え
が至るはずです。軍隊を持っている国がみな戦争を起こしているわけではないことは誰にでも
分かる事実ですし、軍隊を持つことによって平和を手に入れた国も存在するでしょう。
(もちろん常備軍を持たずに平和を有する国も少しだけ存在します)

私の知人の自衛官が、PKOの派遣で行った先のとある国で、その国の子供に次のような質問
をしたそうです。時折りしもクリスマス時期、知人は子供にこう聞きました。

「もし神様が現れて、君の欲しいものをひとつだけプレゼントするといったら何が欲しい?」

子供はすぐにこう答えたそうです。

「軍隊が欲しい。私達を救ってくれる強い軍隊が欲しい」


これはあまり私の周りの人に話しても信じてくれませんが、本当の話だそうです。知人の自衛官
曰く、日本が本当に豊かで平和な国であることをこのとき本当に実感したとのことでした。
私もこの話を聞いたときはちょっと考えさせられたことを思い出します。

国家間の戦争を抑止するために、平和憲法を謳い戦力を放棄することが本当に平和のためなの
でしょうか。可哀相なサヨクちゃんたち以外はそれがどんなに愚かで現実から目を逸らした幼稚
な思想であるかを知っています。法や正義や善の教えで戦争が防げるなら大東亜戦争など起きて
いません
。戦争を抑止する最大の力は「暴力」です。

この国と戦争なんかしたら我が国の国益にとって莫大な損失を出してしまう、そう相手に思わせ
ることができれば、戦争にはなり得ません。「平和のためには話し合いが一番」、と念仏を唱えて
いても狂った暴力集団である隣国は日本の国民を拉致したり、領海にミサイルを撃ってきたり、
さらには金や食料、まで求めてきます。

サヨクちゃんたちは日本が戦争に巻き込まれないのは平和憲法のおかげだ、という恐るべき
勘違いを未だにしています。頭の中にはお花畑がいっぱいで幸せの黄色ちょうちょさんが
飛び回っているのでしょうが、もし北朝鮮のミサイルが本土に間違って着弾していたら彼ら
は次にどんなお花畑ストーリーを創造するのでしょうね。 ( ̄w ̄)プッ
スポンサーサイト

コメント

初めまして、イプシロンと申します。
貴殿と同じ様な考えを持つことに甚く感激しました。
日本の未来を絶望視していましたが、同じ考えを持つ人間がいることに、安心感を覚えました。

戦争を失くすためには、いや起こさないためには軍隊が必要なのは間違いないですよね。
そもそも弁論で戦争を回避できるなら、何故超大国アメリカが巨大軍事集合国家でありながらも大規模戦争を起こさないでいられるか判ると思います。
口では戦争なぞ回避できないのです、普通に考えれば鉄パイプを持った人間と何も持たない、攻撃もしないしできない人間との差は歴然だと思います。
軍事力とは=抑止力であり、戦争を起こすものではなく防ぐものだと思います。
第九条は確かに、平和を訴える憲法としたは優れてるかもしれませんが、全世界が全言一致で採択しなければ全く意味がありません。
戦争をする気満々のお隣中国や、軍事大国と化しつつあるロシアなど、日本の地形上とてもじゃありませんが非武装中立なんてアホなことは言ってられません。
民主政権になれば防衛費削減や外国人参政権なんて馬鹿なものまで出来てしまうし、そもそも日の丸を蔑ろにしてる時点で国民を第一に考えてるはずもありません。
もうこの国は終わってしまうのでしょうか、自分はこの先が不安で仕方ないです。

それでは

イプシロンさん、コメントありがとうございます。

>日本の未来を絶望視していましたが、同じ考えを持つ人間がいることに、安心感を覚えました。

ネット上を探すと、意外に自分に似た意見の人がいて嬉しいときがありますね。

>軍事力とは=抑止力であり、戦争を起こすものではなく防ぐものだと思います。

そうですね。しかしサヨク思想に染まった連中には「軍事力=戦争」としかインプット
されていないのが実情です。軍事力の「保持」と「行使」が全く別のことであること
が理解できないのが彼らの哀れなところですね。


>もうこの国は終わってしまうのでしょうか、自分はこの先が不安で仕方ないです。

私も同じような不安に陥ることがありますが、全ては時間が経ってみないと分かりません。
今は民主党極悪政権が少しでも短命に終わることを祈るのみ、といったところでしょうか。
放っておいても空中分解すると思われますので、生暖かく見守りましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://killsayoku.blog91.fc2.com/tb.php/16-12eadd75

 | HOME | 

文字サイズの変更

コアラの時計


by Animal Web Clock

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

中道 進

Author:中道 進
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
今日の困ったちゃん (2)
議員・選挙 (6)
サヨク妄言 (4)
靖国問題 (1)
はじめに (1)
雑感 (7)
今日のひとりごと (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。