日本再生を願うブログ(仮)

日本の再生を願い、日本に生息する可哀相なサヨクちゃん・困ったちゃん達を嘲笑するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦の日

今日は64回目の終戦の日です。大東亜戦争の終結から64年・・・。
日本は戦後の焼け野原から奇跡の復興を遂げ、21世紀になりました。戦争の犠牲となった方たち
に哀悼の意を捧げるとともに、食物も満足に無く、資源も無い中から今日の繁栄を築き上げた日本
の先人たちの努力と情熱に深い敬意と感謝の意を表します。

たとえ近い将来売国政党が日本を牛耳っても、日本は必ずや復興し再生していくと信じています。


スポンサーサイト

総選挙、その後に

この前も取り上げたサヨクちゃんの記事にこんなのがありました。

----------------------------------------------------------------------------
2007年9月14日に始めた「自エンドTBP」のトラックバック数は本日で28,328件となり、
昨日の配信数は31,101回だった。ブログ村のトラコミュ「自エンド」への参加メンバ
ーも100名を超えた。今の自公政権に不満を持つ国民がかなり多いという証拠だろう。
あと1週間で、これまでの努力が報われると思うと、とても感慨深いものがある。
このまま行けば、2009年8月30日は、日本の政治史を塗り替えた日、国民が主権を
取り戻した日として忘れられない日になるだろう。
----------------------------------------------------------------------------

よく知りませんが自民党政権崩壊の日を夢見て、色々と頑張っていたようですね。
確かに今の自公政権に不満を持つ人は多いと思います。私も不満です。一番不満な
のは与党になぜかイカれたカルト教団が入り込んでることですが、まあ他にも色々と
不満な点、文句を言いたい点は多々あります。
でも民主党政権になれば今までよりも劇的に日本がよくなるなんて全く思えません。

「国民が主権を取り戻した日」、ってよく分かりませんね。今の日本は独裁政権でも
何でもないんですけど。民主党政権になって人権擁護法案なんか通された日には、
独裁政権が出来上がるのかもしれませんが、現状の日本国は一応は主権在民の
民主国家です。

私も色々と民主支持者のブログなどを見てますが、狂信的な支持者ってのはいるもので、
民主党政権の到来が日本の様々な問題を解決すると信じて疑わない可哀相な人も
いたりします。どうしてそういう思考になるのかは私には理解不能な世界ですが、
今までの自公政権は確かに問題山積みのひどい政権だったことは事実なので、政権
に対する不満から悪魔でも天使に見えてきてしまう人が出てきてもしようが無いの
かもしれません。

民主党が選挙で一体何百議席(?)とるのかは不明ですが、晴れて政権奪取したとして、
その後に一体何が起こるのか、楽しみではあります。与党になってこれまで散々
叩いていた自民党から逆攻撃を受ける立場になるわけですから、果たして何ヶ月政権
を維持できるのか見せてもらいましょう。また、さんざん公約に掲げた政策の数々が
果たしてどれだけ実現され、その結果どういうことになるのかも面白そうです。

日本が嫌いでしょうがないという点では思想が一致している社民党も連立に加わる
そうですし、国民新党なんていう変なのも一緒になっての連立政権、どういうふうに
空中分解・内部分裂していくのかも注目ですね。


逆に自民党にとっては、今まで伝家の宝刀としてその威力を存分にふるっていた「強行採決」
を今度は自分達が食らうわけですから、きっと涙目になるでしょうね。
早いところカルトとサヨナラして、国民の信頼を勝ち取れる保守政党にならなければ、あるいは
この先永遠に野党のままになってしまう可能性もあります。

私は特定政党を支持していませんから、選挙の結果そのものよりもその後の日本の姿に
興味が集まります。ひょっとすると近い将来、私が一票を投じてみたくなる素敵な政党が
現れれば、選挙自体にも関心が集まるのかもしれませんが・・・。

ふと思ったこと

総選挙の結果、「民意が反映されて」民主党が勝利したわけですが、今回の選挙で
民主党に投票した人に私がちょっと尋ねてみたいことがあります。

「貴方が民主党に投票した理由は何ですか?」
「民主党と自民党との違いは何ですか?」

民主党支持を以前から決めていて、その政策や政党の理念について知った上で
投票した民主支持者以外、いわゆる無党派層の人でこれらの質問に明確に回答
できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

最初の質問に対する回答は、「自民党がダメだから」あるいは「一度は政権交代
させてみたいから」以上の回答はおそらく返ってこないと思います。
2つめの質問にあっては、「違い」を明確に答えられる人はまずいないでしょう。
(ちょっと質問自体も曖昧ですが)

要するに今回民主党に投票した無党派層の大多数は、民主党の政策なり政治姿勢
なり国家観や歴史観などを知っていて投票した人などいない、ということです。
単に自民党以外に一度やらせてみたいから、という人ばかりでしょう。

そしてそういう理由で民主党を選択した人は、「もし自分の選択が日本にとって
重大な間違いだったとしたら?」
というところまで考慮することなく、戦後最悪の
偽善者政党である民主党に日本の政権を任せてしまったのです。

日本の国家主権を他国に移譲し、日本国という国そのものを崩壊させようとする
民主党
、その恐ろしさに全く気付くことなく目先の耳障りのいい甘言にまんまと
騙されてしまう可哀相な国民たち。

この国の再生はいつやってくるのでしょうか?

高速道路無料化法案について

民主党の提唱する高速道路無料化案について、ネット上でも様々なところで
議論されているようです。今日は私の意見を書いてみたいと思います。

まず高速道路無料化に賛成か反対かというと、私はどっちとも言えません。
「全面有料と全面無料で争うのは間違っている」というのが私の考えです。
議論するのなら、「部分無料化とするとしてどこまで無料化、あるいは低額化
するか?」というふうに議論すべきではないでしょうか。

サヨク化した脳みその人は常に二極化した思想でしか物事を判断できませんから
無料化は正しい、あるいは有料であるべきだ、という不毛な議論しかできません
が、日本の国土事情を考えれば全面無料化と全面有料化でしか考えないのは、
要するに誰を不幸にするかを選択しているだけで、みんながより幸せになる
ための方策を考えているとはいえません。

物流に関わる運送業者のみ無料にしてみては、とか、一般人の消費刺激を促す
ためにある期間は半額化するとか、高速道路の利用状況に応じた変動価格設定
をするとか、年収に応じた価格設定可能な方法を考えよう、とか、なにもタダ
かそのままか、で白黒つけようとするような問題ではないと思います。

一部を除き一般道が速度制限を除いてほとんど高速道路と同様な北海道と、
本州とでは事情が全く違いますし、自動車をほとんど利用しない人と毎日自動車
を頻繁に利用する人とでも全く事情が違います。
こうした日本全体を見て何が一番国民にとって利益に繋がるのかを考えなければ、
ある人には素晴らしい政策でもある人には最悪の政策になってしまいますし、
単に無料化して道路利権を排除して消費刺激を促す、というだけの目論見なら
自民党の実施した週末のみ1000円、の政策のほうがよほどマシに見えます。

最低なのは、無料化したら地球温暖化が促進するからダメ、とか騒ぐ社民党の
ようなアホ政党ですね。もうこの連中の頭の悪さには本当にため息と失笑しか
でてきません。どんな政策に対しても幼稚な発想でしか考えられない無能な政治家
もどきの集団には一刻も早く消えて欲しいです。

他の政策にもいえることですが、なんでも極端な二元論でしか考えないのは後々
必ず不幸を招きます。1案・2案だけでなく、その間の3,4,5案まで考慮して
妥協点を探っていくのが有能な政治家であり、彼らの実行しようとする政策が自分
や国家にもたらすメリット・デメリットをよく吟味して政治家を選ぶのが有権者の
あるべき姿でしょう。

高速道路無料化は日本の経済や国民の暮らしに大きな影響を与える政策ですから、
政治家の方々には是非自分達の利権だけでなく国民の利益・国家の利益を最大限考慮
してもらって政策論議を重ねてもらいたいものです。

高速道路無料化法案について(2)

高速道路を使って、土日はちょっと遠くまで出かけてきました。
私は年に2,3回しか高速利用しませんが、今回は走りながら高速道路の無料化
について色々と考えていたので、いつもよりも少し早く目的地についたような
気がしました。(実際はいつもより遅かった)

さて、この高速道路無料化についての議論はネット上では様々なところで行われて
おり、本当に色々な意見を見ることができて「みんな結構まじめに考えてるんだね」
と思います。中には私もよく知らなかった道路事情や道路財源による利権構造など
についても言及しているものもあり、ここ数日は特に勉強になっています。

ゼロか100かの極論を戦わせるだけでなく、多方面から深く考えて意見を述べる
人もいれば、全くお話にならない善悪論でしか意見できない人もいて、こういうとき
ネットはやっぱり便利で面白いですね。

民主党政権では今後この問題についてどう議論されいくのか、あるいは公約無視
していくのか、私も注目して見ていきたいと思っています。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

コアラの時計


by Animal Web Clock

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

中道 進

Author:中道 進
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
今日の困ったちゃん (2)
議員・選挙 (6)
サヨク妄言 (4)
靖国問題 (1)
はじめに (1)
雑感 (7)
今日のひとりごと (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。