日本再生を願うブログ(仮)

日本の再生を願い、日本に生息する可哀相なサヨクちゃん・困ったちゃん達を嘲笑するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のサヨクちゃん(1)

つい先日、とあるサヨクちゃんがブログでこんなことを書いていた。

>軍拡を語り、憲法改定を目指す者が現実的で、反戦を口にし、現憲法の維持を支持する者が
 空想的であるなどとするのは、自民党や右翼のプロパガンダに過ぎない。まして核武装論など、
 とんでもない空理空論に過ぎないことはあまりにも明白である。田母神俊雄の主張など噴飯もの
 の一語。きたる総選挙によって政権交代が起きる可能性が高いが、民主党には党内の改憲論者
 に引っ張られて国を誤るようなことがないよう、強く求めたい。

(゚д゚)ハァ?
典型的なエセ平和主義者の妄言だね。
現憲法って侵略国の作ったイカサマ憲法じゃん。そんなもん国民に盲信させちゃうほうが日本の
サヨクのプロパガンダに過ぎないね。憲法9条で日本をどう守るのかね?

核放棄、非核三原則(笑)のほうこそ、とんでもない空理空論に過ぎないな。
先進独立国として隣国の核武装に対抗するのは当然の安全保障体制であり、核武装について
国会で審議もされない日本は狂っているとしか言いようが無い。すぐ隣にミサイル打ってくる
キチガイ国家(国とは言えない集団だけど)があるのに、核武装はおろか集団自衛体制について
さえまともな議論がなされない日本の政治に恐怖さえ覚えるのは私だけではないだろう。

民主支持者にはこういうお花畑思想のサヨクちゃんがとても多い。
せいぜい民主党に投票して、中国様の奴隷国家目指して明日も妄言吐いてちょうだいな( ̄w ̄)プッ
スポンサーサイト

今日のサヨクちゃん(2)

有名なサヨクブログに、カナダの女教師とか名乗る気持ち悪いとこがあります。
そこにはこんなことが書いてありました。

----------------------------------------------------------------------------
 今日、15日、記者会見で田中真紀子氏がご主人の田中直紀参議院議員と共に民主党に入党
 することを発表した。前から、とらちゃんと共に真紀子さんに民主党から出馬して
 欲しいねって言ってたらその通りになってよかった。
 植草さんも田中真紀子さんを絶賛されていたので、このニュースを聞いたらきっと喜ばれる
 ことだろう。YAMAちゃんも早速ブログで真紀子さんの民主党入党を大歓迎している。
 真紀子さんは田中角栄氏の愛弟子だった小沢さんが説得してくださったに違いない。
 小沢パワー、恐るべし。民主党は世襲禁止だけど、真紀子さんは亡き偉大なる父の
 田中角栄氏と違って自民党からの出馬ではないので、世襲には当たらないからOKでしょ?(笑)
----------------------------------------------------------------------------

( ゚д゚)ポカーン

あー気持ち悪い。「真紀子さん」とはもちろん田中真紀子のことですが、自民党から追い出されて
議員辞職して少しは日本のためになったかなと思ったら、今度は売国政党に仲間入りしてまた
性懲りも無く国政の場に立とうとしてるらしく、まあしぶとさ全開ですね。

私は世襲だとかは気にしませんが、田中角栄&真紀子みたいなのは世襲だろうがそうでなかろうが
さっさと消えてなくなって欲しいので、今回の総選挙では全力で落選を願っています。
あの薄気味悪い笑顔を嫌でもブラウン管(うちはまだ液晶とかありません)で目にするのは
非常に精神衛生上よくないし。

ちなみのこのクレイジーな女教師のブログのリンク欄を見ると、あるわあるわサヨクちゃん
たちのブログばっかり。ある程度名の売れた売国ブログはだいたい網羅してるみたいなので
私のようにサヨクちゃん達の妄言を見て失笑したい人には参考になるかもしれません。( ̄w ̄)プッ

今日のサヨクちゃん(3)

今日、偶然見つけたサヨクちゃんがこんなことを言っていました。

-------------------------------------------------------------------------------------
憲法第9条は、米国の草案によって作られたもの、というふうに考えるのが一般的であるが、
この番組では、ある大学教授の説明のもとに、次のような経緯があると主張している。
第一次世界大戦後のパリ不戦条約、第二次世界大戦終了間際に作られた国連憲章の第7章、
という系譜を脈々と引き継ぐ中での憲法第9条の条文の成立。
つまり、世界的な平和への活動の結実として必然的に生まれたものが、憲法第9条なのである。

世界の平和を願う人々の思いが憲法第9条に集約されているわけで、この憲法第9条という
考え方というものは、決して卑下するものではなく、もしろ誇ってもいいくらいの条文なのだ。
--------------------------------------------------------------------------------------

お花畑なサヨクちゃんたちの大好きな「憲法9条」についての意見のようですね。
まるで日教組の見本のような見事なご意見、拍手喝采ものです。
サヨクちゃんたちの思考レベルというか傾向が如実に表れているのが、この憲法9条に対する
考え方ではないかと思います。

戦争は悪である、という絶対的真理を前提に、
1.戦争=悪である
2.戦争は軍隊がする。ということは軍隊を持つのは悪だ
3.ゆえに平和のためには軍隊は放棄するのが「善」である
4.軍隊を放棄するということを謳った9条は素晴らしい

頭の悪いサヨクちゃんたちは、とにかく何でもかんでも善悪で考え、二極化した思想でしか
物事を判断できない
特徴があります。最近でいうと、自民党=悪という図式しか頭には無い
ので、政権交代=善(正義)としか考えられないのです。民主党の持つ危険性には一切目を
向けません。

まともな思考能力のある人は、軍隊=悪という単純な図式のものではないことはすぐに分かり
ますし、もう少し考えれば戦争=悪とも言い切れないのではないか、ということにまで考え
が至るはずです。軍隊を持っている国がみな戦争を起こしているわけではないことは誰にでも
分かる事実ですし、軍隊を持つことによって平和を手に入れた国も存在するでしょう。
(もちろん常備軍を持たずに平和を有する国も少しだけ存在します)

私の知人の自衛官が、PKOの派遣で行った先のとある国で、その国の子供に次のような質問
をしたそうです。時折りしもクリスマス時期、知人は子供にこう聞きました。

「もし神様が現れて、君の欲しいものをひとつだけプレゼントするといったら何が欲しい?」

子供はすぐにこう答えたそうです。

「軍隊が欲しい。私達を救ってくれる強い軍隊が欲しい」


これはあまり私の周りの人に話しても信じてくれませんが、本当の話だそうです。知人の自衛官
曰く、日本が本当に豊かで平和な国であることをこのとき本当に実感したとのことでした。
私もこの話を聞いたときはちょっと考えさせられたことを思い出します。

国家間の戦争を抑止するために、平和憲法を謳い戦力を放棄することが本当に平和のためなの
でしょうか。可哀相なサヨクちゃんたち以外はそれがどんなに愚かで現実から目を逸らした幼稚
な思想であるかを知っています。法や正義や善の教えで戦争が防げるなら大東亜戦争など起きて
いません
。戦争を抑止する最大の力は「暴力」です。

この国と戦争なんかしたら我が国の国益にとって莫大な損失を出してしまう、そう相手に思わせ
ることができれば、戦争にはなり得ません。「平和のためには話し合いが一番」、と念仏を唱えて
いても狂った暴力集団である隣国は日本の国民を拉致したり、領海にミサイルを撃ってきたり、
さらには金や食料、まで求めてきます。

サヨクちゃんたちは日本が戦争に巻き込まれないのは平和憲法のおかげだ、という恐るべき
勘違いを未だにしています。頭の中にはお花畑がいっぱいで幸せの黄色ちょうちょさんが
飛び回っているのでしょうが、もし北朝鮮のミサイルが本土に間違って着弾していたら彼ら
は次にどんなお花畑ストーリーを創造するのでしょうね。 ( ̄w ̄)プッ

今日のサヨクちゃん(4)

さて、いよいよ総選挙がやってきますが、本日はキチガイサヨクちゃんの代名詞とも
いえる有名なブログを攻撃してみたいと思います。
お花畑サヨクちゃんの代名詞ともいえる「キチガイきっこの日記」から転載です。

-----------------------------------------------------------------------------
「政権交代は先進国の証」

世界中の議会制民主主義国の中で、半世紀以上に渡って一度も政権交代をしてない時代
遅れの国なんて、このニポンだけだ。たとえば、二大政党制の元祖のイギリスを見てみ
ると、1950年からの約60年間だけを見てみても、労働党と保守党とで7回もの
政権交代が繰り返されて来た。
アメリカにしても、1950年から民主党と共和党が8回もの政権交代を繰り返して
来て、こないだの民主党のオバマ大統領の誕生で、9回目の政権交代を実現させたっ
てワケだ。わずか60年弱の間に、7回も9回も政権交代を繰り返してるんだから、
1つの政党が政権の座にいるのは、平均すると約8年てことになる。
-----------------------------------------------------------------------------

(゚д゚)ハァ?
相変わらずキチガイ全開で妄言をほざいていますね。
どうしてこんな秒殺で分かる嘘を平気で書いちゃうのかが理解できませんが、日本は
過去に政権交代を経験しています。平成5年の細川内閣、翌年の羽田内閣はいずれも
自民党政権からの政権交代
があった時代です。いずれも短命で終わり、日本に有益な
政策はひとつも実現されることなく、歴史に消えていきましたね。( ̄w ̄)プッ
(党首が自民党以外、というだけであれば他にもまだあります)

しかしアメリカ大嫌いなわりにはアメリカではどうだったとか、意味不明なことを書
いているようですが、こういう妄言に騙されて民主党に投票してしまうバカが少しで
も少ないことを願いたいですが、残念ながら相当いるのでしょうね・・・。

また、このイカれたバカは続いてこんな妄言も吐いています。

-----------------------------------------------------------------------------
それが、ニポンの場合は、1955年に自民党が誕生して以来、1993年までの
40年近くも自民党の独裁政権が続き、わずかな非自民政権をはさんで、その後は
自民党を中心にした連立政権が続いて来た。
-----------------------------------------------------------------------------

「非自民党政権」って、それを政権交代って言うんじゃないんでしょうかね?
よくサヨクちゃんたちは自民党の党首が総理じゃなかっただけで、実際は閣僚に自民党
の連中が多いわけだから実質は自民党政権だ、とか見苦しい言い訳をしますが、ならば
今回の民主党にしても小沢のアホや鳩山のボケは純粋な「民主党」なのでしょうか?
金権政治の権化の小沢を筆頭に、マジキチ鳩山も自民党出身ですよね。こいつらが政権
政党になって、それでも政権交代なんて言えるの?

それと「独裁政権」というのは北朝鮮だとか中国とかのような国の状態をいうのであって、
日本では選挙で国民が自民党を長い間選択してきたというだけであり、共産国家のような
独裁体制とは全く違います。まあきっことっかカナダのキチガイ女とかは通常の分別も区別
もつかない下等動物だから判断がつかなくても仕方ないのかもしれませんが。 ( ̄w ̄)プッ

最初に戻りますが、「先進国の~」とかいうのであれば、世界中の先進資本主義独立国家
の中で、自国を防衛する「常備軍」を持たない国は日本だけです。この恐ろしい事実を
少しでも多くの国民に考えてもらいたいと私は思います。
自国を他国の軍事力から守るという当たり前のことを、60年以上に渡り放棄している
狂った国、日本。今回の選挙ではこの非常に大切なことが完全に無視されています。

年金だの子供手当てだの高速道路だの、、そんなものは国家が存在して初めて成り立つ
ものです。全ての根幹となる国家をいかにして外敵から守り、臣民の生命と財産を守って
いくのか、最も重要で最も最初に議論されなければならない点が置き去りにされて、枝葉
末節ばかりが取りざたされる今回(いつもですが)の選挙。はっきり言ってこんなバカな
国は日本だけではないでしょうか。

日本のお花畑サヨクちゃんたちの妄言から臣民を守り、我が国の自由と安全を守ってくれる
真の政治家が政権を運営してくれる日がくることを願って止みません。

 | HOME | 

文字サイズの変更

コアラの時計


by Animal Web Clock

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

中道 進

Author:中道 進
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
今日の困ったちゃん (2)
議員・選挙 (6)
サヨク妄言 (4)
靖国問題 (1)
はじめに (1)
雑感 (7)
今日のひとりごと (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。