日本再生を願うブログ(仮)

日本の再生を願い、日本に生息する可哀相なサヨクちゃん・困ったちゃん達を嘲笑するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙のゆくえ

解散総選挙はいよいよ8月30日、今月末ですね。
世間では民主党有利の下馬評ですが、私もやはり民主党が勝つだろうとは思っています。
そりゃこれだけ自民党へのネガティブキャンペーンを各種メディアでフルパワーでやってりゃ
民主党が負けるわけがないでしょw

過去に例を見ないほどの妄言連発の鳩山(兄)の発言は見事にTVでは放映しないし、
麻生ちゃんのどうでもいい漢字の読み間違いとかは連日しつこく放映してるわけで、これで
まさか自民党に好印象を持つ人はいるわけがないですね。

まあ選挙では負けるだろうとは思いますが、それほど惨敗ってことにもならないんじゃ
ないかな、なんて思っています。私は無党派ですけど、自民応援者の中でも結構多くの
人が「今回は負けるだろうけど、なるべく接戦で・・・」と思ってるんじゃないでしょうか。
「自民大勝間違いなし!」という予想の人はさすがにいないでしょう。(いたりして)

自民党が接戦ながらも負けて下野し、政界再編、来年の参院選で民主大敗、というのが
私の望む理想のシナリオですが、さてどうなることやら・・・。
あ、自民が負けた後、カルト教団と縁をすっぱり切って見事もとの自民党に戻れたら
来年は私も自民党に投票しちゃうかも知れません。
スポンサーサイト

麻生VS鳩山 党首討論

今日は麻生総理と鳩山(兄)の党首討論の日です。16:30開始ですが、民放では放映されず、
唯一CSの日テレニュース24で生放送されるらしいのですが、録画するのを忘れてしまい
速攻で仕事を切り上げて帰ってきてすぐに見てみましたが最後の30分しか見れませんでした。
しかし今夜22:30からニコ動でノーカット再放送されるみたいなので、それをゆっくり見てみたい
と思います。

さて、最後の30分を見た感想ですが、安全保障の話と政権交代があった場合の自民・民主
双方のその後の政局についての考えなどについて討論してましたね。

安全保障については麻生総理のほうは自信がありそうな感じのトークでしたが、鳩山のほうは
やはり目が泳いでるし自信なさげというか、まあ言ってることもいつもの通りなんですが
気持ち悪かったです。

総選挙でもし民主が勝ったら、社民・国民新党と連立政権を樹立する意向だそうですが、
果たして民主以上に狂っている社民や国民新党なんかとうまくやっていけるのか、というか
まず無理でしょうが、とにかく連中は連立するそうです。断言してました。

終盤まではどんな話をしていたのか分からないので何とも言えませんが、とりあえず鳩山(兄)
は特に安全保障については「我々はこういう政策で臨む」というのは(予想どおり)無かったです。
実際、民主党内で安全保障についてはまるで意見統一などないのは事実なんで当然の
成り行きですね。

主催者側の質問で「今後も党首討論はやるべきか」との問いには、麻生総理は「前からそう
思うと言っているが」との返答。一方の鳩山は「私もぜひやるべきと思いますが他の野党の
みなさんがどう思うか・・」とイマイチ歯切れの悪い返答。( ̄w ̄)プッ

討論の内容は全部見てないので感想はまだ一部しか書けませんが、民放各社もNHKも放映
しない中、生放送した日テレニュース24を今回は高く評価したいと思います。

総選挙の結果に思うこと

総選挙の結果が出ましたね。(w゚Д゚)w

正直言ってここまで民主党が議席を獲得するとは私は予想していませんでした。勝つだろうけど
300議席は届かないのではないかと思っていましたが、終わってみれば歴史的大勝利で、一方
の自民党は完敗でしたね。

今回の選挙の結果から言えることは、今の日本にはいかに情報弱者が多いか、また、思考停止
装置であるTVメディアによる情報操作の影響がいかに大きいか、であると思います。
無党派層の多くが、売国政党である民主党に投票してしまったようですが、彼らのほとんどは
4年前の総選挙では自民党に投票した人たちではないかと想像しています。

民主党に政権交代して、庶民の暮らしはさらに悪くなるでしょう。残念ながら経済は今よりも
さらに下降し、外交では特に特ア3国に屈する媚中土下座外交が更に進み、もう取り返しの
つかないところまでいってしまう可能性が極めて大ですね。日本崩壊の始まりが今日なのかも
しれません。

私が最も恐れるのは、今後の日本が特アに擦り寄る余りアメリカという超大国を本気で敵に
まわしてしまう可能性が出てきてしまったことです。中国などという狂った独裁国家と仲良
くし、先進資本主義国家であるアメリカとは距離を置く、あるいは軽く見る、そんな政治姿勢
は日本にとって最悪の選択です。

ただ、今回の結果でわずかに明るい材料があるとすれば、それは自民党がやっとカルト政党の
呪縛から逃れ、本来の保守政党として出直しできるかもしれない、ということです。

そもそも自民党の今回の惨敗は10年ほど前のカルト公明党との連立をしてしまったときから
始まっているのではないでしょうか。あの時、目先の票欲しさに狂ったカルトと手を組んでし
まった浅はかさが、今日の敗北を招いてしまった遠因
といえると思います。
カルト政党と連立を組み、目先の票を増やすという選択ではなく、そんなものに頼らずとも
国民の信頼を得るための努力をしていれば、今日の結果は違うものになっていたのではない
でしょうか。

紛れも無く今回の自民党の大敗は、国民が自民党へのNOを突きつけた結果であり、完全に自業
自得です。どんなにメディアが悪いと騒ぎ立ててもこの結果は覆りませんし、暴走メディアに
屈してしまった自分達の責任なのです。どんなにメディアが偏向報道をしたとしても、政権が
国民に支持されるような政治運営をしていればこのような結果にはなるはずもないわけで、
メディアの報道を恐れてコロコロと総理を変えたり、特アごときの内政干渉を恐れて靖国参拝
を躊躇した結果が今回の惨めな敗北を招いてしまったということを認めない限り、自民党は今後
も負けるでしょう。

選挙のたびに国民に媚を売り、今回もいましたが土下座までして「助けてください」などとバカ
なこと言う政治家に国民は決してついてきません。有権者は政治家を助けるためではなく、自分
達を助けるために投票するのですから、そんな態度で政治家として信頼できるわけがありません。
政治家とは利益の代弁者ですから、「貴方達に利益をもたらすためには私を国政の場
に送り込むことが最良の選択ですよ」ということを全力でアピールするのが政治家の基本
でしょう。
「お願いします。助けてください」なんて、判決前の犯罪者じゃあるまいし本当にみっともないです。

同様のことが今後の民主党政権にもいえます。多数議席を確保したとはいえ、日本国民の大多数は
右から左へコロッと風向きが変わるノンポリ集団ですから、国民の信を得たという事実を基に堂々
とした政治をしていかなければあっという間に陥落していくでしょう。
(まあ私は民主党ごときにそんな立派な政治が出来るはずもないと確信していますが)

民主党は国民にはひた隠しにしてきた数々の闇政策がありますね。こういった堂々と表に出せない
政策や法案を今後どう処理していくのか、そのあたりも今後に注目です。また連立政権にカルト
公明党も参加していくのかどうか、これもまた気になります。

いずれにしろもう自民党の時代は終わったわけですから、民主党政権に今後はどんな風が吹くの
か、生暖かく見守っていきたいと思います。

総選挙の結果に思うこと(2)

民主党の圧勝に終わった総選挙から一夜明け、私の職場でも選挙結果についての
色々なことが話題になりました。

予想通り、TVや新聞に印象操作された結果、民主党に無責任な一票を投じてしまった
可哀相な人がいたので悲しくなりました。彼らは今回落選した中川昭一などのことも、
TVで見た「もうろう会見」のことしか印象に残っていませんし、もちろん鳩山(兄)の売国
発言など知る由もありません。

普段、私はあまり政治的な話は避けるようにしているのですが、余りにも楽観的で危機
感の無い彼らの平和ボケした様子に少々怒りがこみ上げてきたので、民主党の闇政策
についてちょっと教えてあげてみようと思い、「外国人参政権」や今後の増税などについて
話しました。

すると、「彼らも税金払ってるんでしょ?」とか「子供がいない人はちょっと
不利な政策かもしれないけど、日本全体のことを考えなきゃね」といった
反応が返ってきました。当然彼らは民主党の売国政策のことなど全く聞いたこと
もなかったようです。そりゃそうですね。ネットなんて仕事以外で使用しないみたいですから・・・。

残念です。

税金と選挙権に何ら関連はない、とか教えてあげようかとも一瞬思いましたが、もはやこういう
人たちは私のようないち市民の言うことなど真剣には聞いてくれないことは重々承知なので、
あえてそれ以上は何も言いませんでした。

大多数の国民はこの程度の意識・知識しかない
のがおそらく現状でしょうね。本当に悲しい
と同時に空しい気持ちになりましたが、ネットを見渡せばまだまだ自分の頭で考え、判断で
きる人たちもたくさんいることに勇気づけられます。(また同時に、日本人のはずなのに日本
大嫌いなサヨクちゃんたちも多いことに愕然としてしまいますが)

次回の選挙では、今回より少しでも多くの日本を愛する「日本国民」の力が反日・
日本解体勢力から議席を奪うことを祈りたいと思います。

総選挙の結果に思うこと(3)

ライブドアニュースからの情報によれば、今回の総選挙でのカルト宗教政党と
弱小テロリスト政党の比例区における得票数(日本全体)は、こんな数字になって
いるようです。

-------------------------------------------------------------
幸福実現党:45万9387
公明党:805万4007(公明党のサイトによると党員数は40万人)
日本共産党:494万3886
-------------------------------------------------------------

幸福実現党も大した事無いですね。( ̄w ̄)プッ
公明党の得票数が幸福よりも多いのはやはり信者数の違い以上に、無党派層への
投票お願い行動の結果ではないかと思います。選挙になれば住民票さえ移動して
投票しに行くという狂った連中ですから、ご近所さんや親戚知人連中に電話勧誘
しまくりの選挙運動の成果ですね。逆に言えば幸福もこうした信者以外の有権者
の取り込みに成功すれば、公明以上に議席獲得できる可能性も無いとはいえないようです。

私が一番許せないのは、こうしたカルトの信者そのものよりも、頼まれただけで
本当に公明党に投票してしまうノンポリさん達であり、死んだほうがいいと思っています。
こういう自分の頭で思考できない連中はもはや人間とは呼べず、熟慮の末に投票棄権、
あるいは白票を投じる有権者のほうがはるかに正常といえるでしょう。

頼まれて拒否するのも角が立つ、というのであってもどこの誰に投票したかなんて
本人にしか分からないのだから、口では協力するよと言っておいて実際は他の政党なり
候補者に入れれば済む話なのに、なぜか本当に投票してしまうんですね。
それならいっそ本当に入信すればいいといつも思います。

日本人は争いごとを好まず、極力平和的に解決しようとする民族性がありますが、こう
いった選挙などのときにはそういう優しい一面が裏目に出てしまう危険性も孕んでいます。
無党派層でいい加減な気持ちで投票する有権者がいる限り、メディアの偏向報道による
情報操作の効果は無くなりませんし、日本はどんどん衰退してしまいます。

民主党政権には何も期待していませんが、できれば政権を担っているうちに「政教分離」
について議論してもらい、創価や科学などのカルトを国政の場から排除してくれれば、と
ちょっと期待したいところですが、まあ無理でしょう。参議院での多数確保のために連立
する可能性さえありますから・・・。 (´д`)

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

コアラの時計


by Animal Web Clock

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

中道 進

Author:中道 進
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
今日の困ったちゃん (2)
議員・選挙 (6)
サヨク妄言 (4)
靖国問題 (1)
はじめに (1)
雑感 (7)
今日のひとりごと (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。