日本再生を願うブログ(仮)

日本の再生を願い、日本に生息する可哀相なサヨクちゃん・困ったちゃん達を嘲笑するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇妙な共通点

悪夢の鳩山政権の終焉を祈る毎日ですが、さすがにまだ無くなるはずもなく、日々TVで
目にする鳩山首相のキョドッた顔を見て辟易としている毎日ですが、ここ数ヶ月の間に
ふと感じたことがあるのでちょっと書いておこうと思います。

私は数年前から少々健康を害していまして、そんなことから健康に関するブログやHPを
見ることが多くなったのですが、どうも不幸にして病気になったり怪我をしたりしてその経験
を基にブログなどを書いている人たちの多くはサヨク思想の人間が多いことに気付いたのです。

これは私の単なる主観であって事実とは異なるのかもしれませんが、とにかく私の知る限り
では、心身を病んでしまった人はサヨク思想に陥りやすいのか、あるいはサヨク思想の人は
心身を病んだ経験をブログなどで表現しやすい傾向にあるのか、どちらかは分かりませんが
不思議とこの「サヨク思想=健康ブログ」的な共通点があるように思えてなりません。

色々と健康に関するページを見ていると、自分にとって参考になるものや共感できる内容の
ものも目にするのですが、そのうちにそのページの執筆者が実は私の大嫌いなサヨク思想の
持ち主だったりすることが非常に多くてとても残念な気持ちになってしまうのです・・。

政治的な思想が必ずしも共感できなくても別にその人を全否定する気はありませんが、
せっかくある部分では共感できたのに、と思うと何だかとても残念で不幸な気持ちにも
なってしまうような気がして複雑ですね。

今のところの私の仮説として、「心身を病んでしまった人はその影響からかサヨク思想に
陥りやすい傾向がある」としておきたいと思います。逆に言えば「心身を健康に保つことは
幼稚なサヨク思想に染まらずに済む大切なファクターである」とも言えるのかもしれません。
スポンサーサイト

サヨクちゃんもヒマそうで

私の大嫌いなサヨクちゃんブログの「きっこの日記」ですが、政権交代以来、得意の
政権批判が全然無いですね。奴は社民党支持みたいですが、以前までは自民党批判
の日記が多かったですがここ最近は政権批判は全く無く、おとなしいものですw

まあ政権が変わったので当然と言えば当然ですが、国民にとっておかしいことだから
批判する、というスタンスであれば民主党も批判してしかるべきですが奴の日記には
そういうのは感じられませんね。お花畑のサヨクブログなので仕方ないといえばそれまで
なのですが、やっぱりなんだか批判したくなってしまいます。

きっこの日記に限らずサヨクちゃん達のブログは総じてそんな傾向にありますが、
そういう連中がいかにも「国民の味方」みたいなフリをして妄言を吐いているのを見ると
本当に殺したくなりますが、とりあえず生暖かく見守っている毎日です。

は~、早く民主党潰れませんかね・・・。早く鳩山とか小沢とか逮捕されませんかね・・・。

さらば国士・・・

久しぶりの更新です。

最近忙しいのと、暗黒の鳩山政権の到来でブログを書くのが滞っていたのですが、
今朝の驚嘆すべきニュースを見て今夜は悲しみで一杯です。
元財務大臣・中川昭一氏が急逝されました。この訃報に保守派のブロガーは落胆に
染まり、サヨクちゃんたちはお祭り騒ぎで喜んでいます。

中川昭一といえば北海道を代表する保守派代議士としてその名を馳せた国士ですが、
今年初めのサミットでの失敗(サミットでの功績自体は失敗どころか大成功)以来、
マスゴミの攻撃に遭って国民の信を失い、先の衆院選では地元帯広で民主議員に
敗北して議員の座を奪われてしまいました。

病死なのか他殺なのかは分かりませんが、日本にとっての損失であることには間違い
無いと思います。彼のような「物言える保守」が今の日本では絶滅危惧種となっている
以上、今回の訃報は非常に残念至極な出来事です。

こういうときにあまり人の悪口を言うのは憚られますが、この中川氏の急逝に際して
サヨクブロガー達はこぞって口汚く個人を罵っていますが、連中の品の悪さ、人としての
一線を越えた暴言の数々は彼らの程度を示していますね。

私もサヨク議員が急逝してもちっとも悲しくは無いですが、さすがに彼らのようにブログで
故人を蔑むような真似はできないと思います。イデオロギーが違うとはいえ、一個の人間
としての尊厳を貶めるような言動は慎むのが日本人のメンタリティですから・・・。

今夜は、国士・中川昭一の魂の安寧を祈り、終わりにしたいと思います。

合掌。

悪夢の売国政権誕生

ついに本日、悪夢のような反日・売国政権が正式に誕生してしまいました。
トップには鳩山(兄)という相変わらずキョドッてるへんてこな総理、その下にはやはり反日色
いっぱいの閣僚の顔ぶれ。

私が特に「ギャグだろ、それ」と思うのは法務大臣になる千葉景子とかいうバーサンですね。
先日、言論弾圧して強引に反日法案を可決させた武勇伝を持つ売国奴が我が国の司法を
統括する法務大臣の要職に就くなど、悪い冗談にしか思えません。

他の閣僚のラインナップも相当なものですが、この法務大臣はインパクトがあります。
もうどうせなら防衛大臣にお花畑サヨクのリーディングヒッター、福島みずぽタンなんかを据えて
みればどうよ?、とさえ思えてきて悲しくなってしまいますね。

私の中で売国議員のトップは村山富市なのですが、今回の新政権の中からこのジジイを
上回る究極の売国奴が誕生してくるかもしれません。さしあたり近いうちにありそうなのは
村山談話・河野談話を凌ぐ「鳩山談話」が飛び出してきそうな気がしますが、ポッポのことだから
それはそれは恐るべき宇宙友愛思考な談話が出そうで怖いです。

すでに数々のおかしなマニフェストや民主党議員のスキャンダルがぼちぼち出てきていますが、
今回の選挙で民主支持だった可哀相な人たちが来年の参院選では果たしてどういうふうな
意思を示すのか、見守ろうと思っています。
私の身の周りでは、民主党に投票はしたけど少し不安はあるよ、という人が多いのですが、
少しどころか多いに不安がいっぱいの私としては彼らの情報弱者ぶりが逆に羨ましく感じる
ときもあったりしてちょっと複雑な感じです。

できるだけ短命政権に終わることを期待していますが、まあほっといても次々にスキャンダルが
起こってすぐに鳩山は涙目逃亡するであろうと思いつつ、野党に転落した自民党の中から
正統派の保守議員たちが復活してきてくれることを祈りたいですね。

この時期によく思うこと

夏も終わったこの時期、いつも思うのが「憲法9条教信者」どもの妄言ですね。
特に今年は2009年・9月でさらに9日とかには予想通りサヨクちゃんたちの憲法9条サイコー!
の大合唱が起こってもう辟易としています。

9条護憲論者がどれほど頭が悪いかは通常の理知的な判断ができる人であればもはや
説明も要りませんが、占領憲法を制定した当のアメリカも、よもや戦後60年以上もこのイカサマ
憲法を日本が後生大事にしていくとはさすがに予想しなかったのではないでしょうか。

ついこの前、新聞やTVメディアがこぞって「戦後初の政権交代」とか平気で嘘を報道していま
したが、60年以上も一党が政権にいたのがおかしい(実際は60年もいないけど)というので
あれば、憲法が64年も変わっていないことがおかしいとはなぜ思わないのでしょうね
(まあメディアは思ってても報道はしないでしょうけど)

憲法9条(正確には9条第2項)はじめ、非核三原則、村山談話に河野談話、おそらく出てしまう
であろう鳩山談話、国益のための正論を述べるとすぐにレイシスト扱いするキチガイサヨク、
この先どんな売国者たちが現れるのか分かりません。

こういう売国・反日勢力から日本を守ってくれる政治家が私の生きている間に出現してくれる
ことがここ最近の私の願いです。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

コアラの時計


by Animal Web Clock

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

中道 進

Author:中道 進
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
今日の困ったちゃん (2)
議員・選挙 (6)
サヨク妄言 (4)
靖国問題 (1)
はじめに (1)
雑感 (7)
今日のひとりごと (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。